30才男ファッション

 

30才からの男性ファッション

イケてる30才からのファッションとはどういったものなのか、それをしる極意というのは実は簡単なことだと私は思っています。それは自分の好きなファッションをそれをカッコいいと自分できちんと納得して着ることが大事だと思っているのです。誰もが右へならえなのは、誰からも批判されたり、頭でっかちになったりして出る杭は打たれるではないですが、日本の風潮はそういったところがあります。誰かに批判されるともうそれでお終い。自分らしさなんてどこにもぶつけたりしてはダメなんです。

 

自分らしさというのは誰からも批判されない、所謂無難であるべきであり、そうでなければ奇抜であり、人から受け入れられないのです。ファッションとはそういったものになり下がってしまっているのです。本来であれば自分が好きな服を好きなように着るのがファッションであり、流行などというのは実はどこかのファッション雑誌が作りだしたものにすぎないのです。無難なファッションがダメとは思いません。しかし、それでは自分が好きな服とは一体何なのでしょうか。無難な中から選ぶべきなのでしょうか。あまりに小さすぎないかと思いませんか?人の生き方というのは実は30才からの男性ファッションを通しても見ることができるのです。